お金をたくさん持っている女の子

業者の比較を

お金のジェスチャー

古書の買取りをしてもらう際は、出来るだけ多くの買取り業者に査定をしてもらいましょう。ネット上で買取りしてくれる業者もたくさん存在しますので、まずはネットで検索することから始めましょう。

Read more

安心の出張買取り

手のひらの小銭

古書の買取り金額を高めたい方は、出張買取りしてもらいましょう。出張買取りなら自分で古書を触る必要が無いので、保存状態を損なうことなく買取りしてもらえます。手間もかからないので、非常にオススメです。

Read more

宅配するか直接行くか

財布の中身

古書專門の買取り店は、宅配による買取りを受け付けている場合もあります。もちろん自分で持っていくことも出来ますので、送料などを検討しながらどの方法を取るか選びましょう。

Read more

正しい価値を見抜く

紙幣と硬貨

古書買取りをお考えの方は、まずは古書買取りの方法論について知っておきましょう。古書の買取りに関しては、正しい方法を知っておかなければ大幅に損をしてしまう可能性が高いので、普通に本を売るときとはわけが違います。
損をしないためにも、まずは「古本」と「古書」の違いについて知っておきましょう。

「古本」と「古書」の違いを正確に認識していない方は非常に多いのですが、実はこれらには大きな差があります。
「古本」は今もまだ出版されているものに使われる言葉です。今でも書店に行けば新品が手に入る、もしくは出版がされているので、いつでも新しいものが手に入る物を指します。この場合は特に希少価値もないので、古くなればなるほど価値は下がっていきます。
これに対して、「古書」はすでに絶版しており、通常の書店では手に入らない物を指します。これは書店では手に入らないし、今後も新しいものが刷られることもありませんので、非常に貴重なものだといえます。古書は古ければ古いほど希少価値が高くなる傾向がありますので、一見何の変哲もないボロボロの本が実は超高価買取りの対象になっていることもあります。中には「古典籍」と呼ばれる国宝級の古書も存在し、数千万円以上の価値がある物もあります。ここまでくると個人の所有物のレベルを超えて、国宝とされることもあり、教科書に記されている史実に影響を与える可能性すらあります。

古書は価値の分からない人にとっては、ただの古い本です。そして、多くの古本業者は古い本を一律の金額で買取りしていますので、歴史的な価値を持つ古書が10円での買取りになる可能性もあります。
このような事態を避けるためにも、古書の買取りをしてもらう際は、必ず正しく価値判断してくれる買取り業者を利用する必要があるのです。